日本の転職率、7年ぶりに高水準に。人手不足の対応を急ぐ


日本の労働力不足は、急速に高齢化する経済の中で、企業が経験豊富な労働者を求めていることから、世界的な金融危機以降、転職者・転職者が最も多くなっています。

 いわゆるジョブ・ホッピングは、多くの企業が卒業生を雇用し、退職するまで雇用するという、日本の職場風土に逆行するものである。 しかし、社会が変化し、企業が人件費を抑制するにつれて、生命のための雇用システムは徐々に失われつつある。

 労働市場が厳しさを増す中で、雇用をより良い状態に転換することはもはやタブーではなく、中途採用者が主導する傾向にある。
 「いつも失敗のリスクがある。 しかし、試してみなければ、欲しいものは手に入らない」とセントメディアの医療職業紹介部門責任者、板倉寛道氏は言う。 東京では1月に転職した。

 「私はこの仕事に就いた。なぜなら、この仕事はもっと責任ある地位を与えてくれるからだ。

 サラリーマンとして、私も高い給与を求めていた」と語り、彼の給与は以前よりも20%高くなっていると付け加えた。 転職者数は、労働市場の4.8%を占めるにとどまっているものの、2016年には7年連続で増加し、2009年以降で最高の306万人となった。

 高齢労働者は、急速な高齢化社会、少子高齢化、労働年齢人口の減少といった人口要因により、より多くの機会を得ることができる。 失業率は20年近く低く、求人倍率は43年と高い水準にある。 日本銀行が今週発表した最新の短観によると、大手企業は、労働市場は1992年以来最も厳しい状態にあると指摘している。 他の主要国と比べると離職率はまだ低いものの、労働の柔軟性と実力主義を支持してきた安倍総理のニュースは歓迎すべきであり、これまでのところほとんど成功していない。 労働力の流動性の向上は、低生産性の向上と賃金の引き上げに寄与し、経済がデフレ脱却に向かうことを可能にすると期待されている。

 労働力不足に直面している企業は、それほど多くの訓練を必要としない、戦闘試験を受けた労働者に支払う意思がある。 電気モーターメーカーの日本電機(株) 中途採用のエンジニアを積極的に採用し、その経験に応じた報酬を支払っています。

 同社の広報担当者は匿名性を条件に、「真の人材をめぐる競争は厳しい」と述べた。 40歳代半ばから65歳以上の転職希望者は増加傾向にあり、2002年に遡り、同程度のデータで最高水準となっています。「優秀な人材の入社を促す努力をしています。」 「中途雇用市場は好調です」と、職業紹介会社・エンジャパンの天野寛文氏は言う。

 35歳以上の高齢者は、かつては中堅企業のトップだったと考えられていましたが、現在は追求されています。 企業は経験豊富なマネジャーやエンジニアを求めており、より高い報酬を提供している、と天野氏は言う。
 2015年の労働省のデータによれば、転職により高い給与を確保した労働者は、給与が低下した労働者よりも多かった。 ジョブ・チェンジャーの4分の1は、給与が10%以上上昇した。 これに対し、4月の平均基本給は前年同月比0.4%増にとどまった。

 国際通貨基金は、生産性と賃金への圧力を強化するため、労働者の流動性を高めるよう日本に促している。 

アナリストらは、「労働力の流動性の低下、雇用確保への強い関心、過去のインフレに基づく賃金設定が、必要とされる賃金・物価のダイナミクスを引き起こす主な障害となっている」と述べ、中途雇用市場の上昇は、生涯雇用や年功序列に基づく昇進に関する意識の変化を反映していると指摘している。 「東芝のような大企業でさえ、何が起きているかを見てみよう。雇用保障の保証はない。 ITベンチャー企業、カオナビ(株)の宮内正恵氏(41)は、生涯雇用は昔からの良い仕事だと述べた。 

宮内氏は1年半前に転職し、現在では年間給与は1百万¥(8,857ドル)増加し、住宅ローンの資金調達に貢献している。 「安定した収入を得るためには自分でキャリアを積む必要があり、転職だけでやっています。」日本企業は、1990年代初頭のバブル崩壊以降、フルタイムの仕事をパートタイムの仕事に置き換えることで、人件費を抑制してきました。 現在、パート・アルバイトを含む非正規労働者の割合が増加しており、労働力の4割近くを占めています。

 物流会社上田(株)の奥谷弘明(57歳) (株)は2年前に食品加工会社を退職したが、その一因は退職後の生活不安であると述べた。 「この仕事では定年退職はありません」と奥谷氏は言う。 「年金だけでは生きられないと思うから、体がしっかりしたままここで働いていて嬉しい。」

コメント