転職活動サイトで就活に臨むときに押さえておくと良い大切な知識


分からん事だらけ

サイトでまずはじめに求人情報を参照するケースで、どういうやり方で転職サイトを利用していったらいいのかについて悩むユーザーもいるのではないでしょうか?

まずはテキトーに検索して色々見ていく訳ですが、どれが自分に合ってる会社なのかが分からない(多分求人の数=選択肢が多すぎるせいだと思うけど)、というケースがあると思います。

一番最初は、ネットサーフィンみたいにボーっと見る程度でいいと思います。
魅力的で楽しそうな仕事が多かったりして、見てるだけでも楽しめたりします(笑)


最初っからエージェントを使ったり、友達に相談したりするとアドバイスがガンガン来るせいで気分良く活動出来なかったりするので、最初は一人っきりでテキトーに探すのが一番気楽で良いと思います。

親とかに相談するとまず言われるのが「辞めるな、続けろ」なので(笑)
答えが分かり切ってる分、相談するのは一番最後で良いんじゃないでしょうか。

就きたい仕事が見つからない


今の会社を辞めて転職しようと決断したはいいものの、いざ転職サイトで色々探して回っても期待通りの職場を見つけられない、と思う人も割と沢山いるみたいですね。

個人的には探し方(フィルターの掛け方)だったり、そもそも世の中に他にどういった仕事があるのか認識出来ていない、というのが原因だと僕は思います。

Amazonとかで業界一覧みたいな、色々な職種をまとめてある本を見てみると良いかもしれません。やってみたい仕事があっさり見つかるかもしれません。

↑これ個人的にオススメのやり方です

僕も期間工やってた時に本読んでCADオペレーターの存在を知ったので(笑)
期間工やってた時に、こういうロボット作る仕事ってレベル高いんだろうなー、俺には無理だな…と思いながら興味があったので、調べていたら見つけたという流れです。


転職サイトで入手する事ができる情報が全てとは限らないです。
本から得られる情報も大事だと思います。

新しい知見が開けるかもしませんので。

コメント