就活サイトを運用して転職活動をするにあたって




転職したいと思い立ったら、まずはじめにウェブで「就職サイト」みたいな感じで検索してみる方は多いのではと思われます。

仕事をしながらですと、ハロワ等々へ行く時間を確保することも非常に難しいですから、インターネットを使って求人を探して行くのが良いのかなとおもってます。

というか。
このご時世コンビニで有料のタウンワーク(求人誌)買ったり、ホットペッパーとかで求人探してる人なんて殆どいないと思いますが(笑)

駅のホームとかに山積みされてますよね。
webみたいにフィルターが掛けられない時点で利便性が相当低いから無理もないか…紙の求人誌だったら時給上がるとかだったら需要有るかもしれませんが。


求人サイト上の求人案内に目を通しているだけであっても就職活動を考える際の参考になるのではないでしょうか。スタッフ募集のたくさんある業種、職業の知識を得る事が可能になりますし、収入ですとか生活保障を比較すると言った事も可能ですね。

社会保障の所は大事な所だけど、ボーナス有って書いてたくせに入社したらボーナス無しってのが結構あるから、ボーナスが当てに出来ないのがキツイ…


ネット上においては膨大な数の転職サイトがあって一見迷いそうだけど、転職の場合はdodaとリクナビNEXTだけで良い気がする。

自分の実力に自信がある人だったら、広告とかでハイスペックな人を求めてる転職サイトに登録するのも有りだと思う。

少なくとも自分は低スペックな人間なので、お高い転職サイトとはご縁がない(笑)



漠然と就職活動を思っている場合は、どのようなサイトを検討したらいいのか面倒になってしまう可能性があるので、社会保障なり自分の中で「絶対コレは外せない」という条件を付けて検索するのがいいと思います。

地方だったら、大分妥協しないと求人が無いかもしれませんが、全国行ける人なら全国で探した方がガンガンヒットしますね。


就きたい働き場所・業務等々の探す条件をまとめて見てみるのも有り。
(ヒット数かなり激減するけど)

リクナビとか大御所のサイトだったら、転職活動するときの準備(面接の作法とか職歴の添削とか)非常に有効なコンテンツがいくつもあるので、使えば使うほど転職の成功率も上がっていくんじゃないかなーと思ってる。


コメント